月間情報誌「湘エネたいむず 9月号」発行しました!

9月号ヘッダー

省エネ・工場メンテナンス情報誌「湘エネたいむず 2021年9月号」を

発行しました。 ≫≫PDFはこちら

 

9月号タイトル

2021年4月から溶接ヒューム規制が始まっています。

「溶接ヒューム」及び「塩基性酸化マンガン」が作業者に神経障害などの

健康被害を及ぼすおそれが明らかになり、規制されています!

年数回程度の溶接加工も対象です!

 

 

2022331日までに以下の対応が“必要”です

1.溶接ヒューム濃度の測定(基準値:マンガン0.05mg/㎡)

⇓ 1.の測定結果の最大値が基準値を超過

2.換気装置の風量の増加、その他必要な措置 

3.再度、溶接ヒューム濃度の測定

4.測定結果に応じ、有効な呼吸用保護具を選定し、作業者に使用させる

5.1年以内毎に1回、フィットテストを実施する(面体固有用保護具を使用の場合)

 

【罰則あり】6月以下の懲役または50万円以下の罰金

※労働安全衛生法22条の違反

【補助金あり】上限は1人あたり4万円の1/2、1事業所8万円まで

※第2期10月1日~11月30日

【対象広い】金属アーク溶接作業を継続して屋内作業場で行う場合

※年数回程度の溶接も対象

 

バナー

《事例》大和市の企業様にて、溶接ヒュームの低減のために濃度測定を実施いたしました。

測定キット

◎お困りごと◎

2021年4月にヒューム特化則改正が施行されたことで、人体に悪影響を及ぼす

塩基性酸化マンガン濃度を低減する必要がありました。

お客様は案件が出た場合に都度、溶接作業を行っており、その際に出る

溶接ヒュームを現場の作業者が吸い込んでしまう危険性がありました。

お客様の社内でも環境・衛生対策の問題に挙げられており、対策が必要とのことでした。

溶接作業

ご提案内容・施工内容

まずは、現在のヒューム濃度を測定。サンプル採取の必要最低条件として、

作業者2名の方に必要最短の10分間作業をして頂きました。

わずか10分間の作業にもかかわらず、口元近くに着けた吸引サンプラー

真っ白なフィルターが茶色なりました。こちらを分析して後日、

測定結果から要求防護係数を算出した報告書を提出しました。

また、保護具や局所排気装置のご提案もさせて頂きました。

採取

 

下段バナー

 

 

こちらから湘エネたいむず9月号をPDFでご覧いただけます。

 

 

今後もみなさまのお役に立てる省エネや工場メンテナンスに関連した情報をご提供していきます。

是非次号もご期待下さい

関連記事