新着情報

月間情報誌「湘エネたいむず 3月号」発行しました!

2021年3月25日 木曜日

3月号ヘッダー

省エネ・工場メンテナンス情報誌「湘エネたいむず 2021年3月号」を

発行しました。 ≫≫PDFはこちら

 

 

3月号タイトル

 

このようなお困りごとございませんか?

✅コンクリートがクラック、欠損している。

✅床の油汚れがひどくて塗装できない。

✅塗装しても油ですぐに剝がれてしまった。

✅塗装してもすぐに床が汚れてしまう。

 

床が油まみれでも、ボロボロでも

超強力床補修コーティングが解決します!

 

コンクリ用

コンクリート専用の塗料。「誰でもカンタンに塗り床を」というコンセプトを基にプライマーや下塗りなしで、そのまま直接塗装ができます。クラックや欠損している箇所には、専用の補修専用の塗装を施し、深いクラックや大きく開いた穴でも、深部まで浸透して密着し、固めて補強できます。その強度はハンマーでたたいても割れない程です。

 

油床用

独自の開発技術により、油まみれのコンクリート床でも、その油を取り込んでなじみ浸透し、直接塗ることができます強力な密着力で耐久性も優れます塗装後はタイヤ痕や傷などが付きにくく、長期的なコストの削減に貢献します。ご要望に合わせて、防滑・静電気防止などの効果を重ねることも可能です。臭いも低臭タイプで、塗装後短時間で気にならなくなる程度です。

 

 

“超強力床補修コーティング”の特徴と事例

特徴① 驚異の密着力で長期間キレイな床が続く

特徴1

◎独自のナノ密着技術でコンクリートにしっかり密着

◎4N/m㎡の力を加えても剥がれない(通常規格の4倍)

◎ドライバーで削ろうとしても削れない密着力

 

特徴② プライマーレスで直接塗れる

特徴2

◎プライマーも下塗り不要!簡単な下地処理のみ

◎塗装工程が減る分、短時間で塗装が可能

◎稼働時間に合わせた、塗装ができる

 

特徴③ 油が深く浸透した床でも簡単に塗れる

特徴3

◎従来塗装が難しかった油床でも問題なく塗装

◎油を塗料に馴染ませ、吸収し、高い密着力

◎食品油や工業用油まみれの床の上から塗装可能

 

【深いクラックが入ったコンクリートでも浸透して密着!凹凸もなく平坦に!】

施工前1施工後1

深いクラックや大きく開いた穴でも、深部まで透して密着し補強できました。

ハンマーで叩いても割れない強度になりました。 乾燥時間:約3時間

 

油が浸透したコンクリート床でも下地処理程度で簡単に塗装!

施工前2施工後2

簡単な下処理程度で、油が浸透したコンクリート床でも直接塗装。

強力な密着力で耐久性も上がり、タイヤ痕も付きにくくなりました。

珪砂を入れて防滑効果も重ねました。

 

超強力床補修コーティング塗床丸越にお任せ下さい!

 

 

こちらから湘エネたいむず3月号をPDFでご覧いただけます。

 

 

今後もみなさまのお役に立てる省エネや工場メンテナンスに関連した情報をご提供していきます。

是非次号もご期待下さい

月間情報誌「湘エネたいむず 2月号」発行しました!

2021年2月24日 水曜日

2021年2月号ヘッダー

省エネ・工場メンテナンス情報誌「湘エネたいむず 2021年2月号」を

発行しました。 ≫≫PDFはこちら

 

 

2021年2月号タイトル

 

✅鉄骨が経年劣化による影響で錆が進行している・・・

✅強酸を使用しているため鉄骨・配管・タンクなどが腐食する・・・

✅硫化水素による腐食の防止がしたい・・・

✅屋外クレーンの錆が進行している・・・

✅屋根やタンクなどに穴が空いてしまっていて補修したい・・・

 

このようなお困りごとはありませんか?

 

超密着型補強コーティングにお任せください!

 

防錆塗料

独自開発した「ナノ密着技術」「塗装補強技術」によりあらゆるものの防錆・補強コーティングを

可能にします。

塗料の粒子をナノサイズ化することで微細な隙間に入りこみ、粒子が塗装面にしっかり密着し、

塗装の剥がれを抑制することができます(通常の塗装は粒子が大きい)。

さらに、補強成分を混ぜることでボロボロの金属(屋根・配管・鉄骨・タンク)を防錆・補強・

補修コーティングできます。

塗膜面の強度はなんとコンクリート対比20倍”となり、塗装対象物の長寿命化を実現させます。

 

 

≪“超密着型補強コーティング”補強・補修・防錆できた事例紹介

⇓  ⇓  ⇓

◎ボロボロで1,000万円以上かけて交換しないといけなかった鉄骨階段が再生!

事例1

屋外の鉄骨階段が経年劣化や塩害の影響で腐食して、穴が空いており、朽ち果てた状態でした。

そこへ防錆・補強コーティングを実施!1,000万円以上かけて、交換しないといけなかった鉄骨階段を

100万円で補修・補強することに成功。強度も上がり、作業者の労働環境も改善することができました!

 

 

屋外クレーンが経年劣化していましたが、新品のように蘇り、耐久力アップ!

事例2

クレーンの錆が進行し、そろそろ塗装を考えていました。錆の浸食、経年劣化のことを考えると

通常の塗装ではなく、強度を上げるような塗装を考えていました。

そこで防錆・補強コーティングを実施!一部剥がれかけてたクレーンの土台も補強することができ、

安心して使用できています。今後10年間は心配がなさそうです。

 

 

穴が空いてしまっているような金属屋根に対して、補修・補強を実現!

事例3

製造工程で酸を使用しており、さらには経年劣化や災害の影響を受け、金属屋根が錆びたり、

穴が空いており、雨漏りがしている状態でした。そこに防錆・補強・補修コーティングを実施。

穴を防ぎ、雨漏りを抑制しました!密着力が高いため、向こう10年間ほど雨漏りの心配が不要そうで、

安心しています。

 

建屋や設備(鉄骨・配管・タンク・屋根・クレーン)の補強・補修・防錆に

超密着型補強コーティングをご活用下さい!

 

 

こちらから湘エネたいむず2月号をPDFでご覧いただけます。

 

 

今後もみなさまのお役に立てる省エネや工場メンテナンスに関連した情報をご提供していきます。

是非次号もご期待下さい

月間情報誌「湘エネたいむず 1月号」発行しました!

2021年1月26日 火曜日

1月号ヘッダー

省エネ・工場メンテナンス情報誌「湘エネたいむず 2021年1月号」を

発行しました。 ≫≫PDFはこちら

 

 

1月号タイトル

「どこに頼めばいいかわからない工事がある

「小さすぎて、外注業者に頼むのに気が引ける

「気軽に色々なメンテナンスを相談できる業者がほしい

 

そのようなお悩みはお任せください!

 

丸越の修理・補修・メンテナンスメニュー(一例)

 

工場の建屋・事務所

◎屋根・外壁雨漏り補修 ◎防水シートのやり替え ◎部分塗装 ◎防水塗装

◎クラック補修 ◎テント倉庫の修理 ◎増改築・改修工事 ◎間仕切り

◎内装工事 ◎シャッターの修理 ◎門扉修理 ◎ドア修理

メニュー1

 

土木・外溝・床

◎アスファルト舗装 ◎コンクリート舗装 ◎駐車場ライン引き ◎ブロックの修理

◎フェンス修理 ◎地盤沈下の修復 ◎塗り床 ◎防滑塗装 ◎水勾配の整備 ◎雨水桝の修理

メニュー2

 

生産設備・ライン

◎工作機械のOH ◎マシニング・フライス盤・研削盤の部品交換 ◎ロボットの点検・修理

自動機器の点検・修理 ◎搬送機器の点検・修理 ◎組立・検査機の点検

洗浄装置メンテナンス ◎製造ラインの移設・撤去

メニュー3

 

機械設備・ユーティリティ

◎クレーンの点検・OH ◎集塵機のメンテナンス ◎コンプレッサの点検・OH

ブロワ・ファンのOH ◎ポンプのメンテナンス ◎モーターの巻き替え・ベアリング交換

冷却塔の洗浄・メンテ ◎空調機の洗浄・OH

メニュー4

 

配管・プラント

◎エア配管の補修・修理 ◎エア漏れ箇所の補修 ◎給排水配管の高圧洗浄

配管詰まり・漏水修理 ◎特殊配管のメンテ ◎タンクの補修・塗装

架台設計・製作 ◎蒸気の漏れ修理・バルブ・減圧弁交換

メニュー5

 

電気設備・制御盤

◎漏電修理 ◎受変電設備(配電盤)の内部機器の交換 ◎PCB処理・廃棄

分電盤・ブレーカー修理 ◎照明の交換・LED化 ◎制御盤の点検・修理

インバーター修理 ◎シーケンス故障修理

メニュー6

 

 

事例タイトル

クレーンの耐荷重アップ補強工事の事例

事例1

背景:

製品のサイズ変更および重量変更にともない、安全性を考慮し、耐荷重を上げるための補強工事。

メンテナンス内容:

既存のチェーンブロックを取外し、ガーター(横行レール)を取り外して

上から補強プレートを被せてボルトで固定。補強したガーター(横行レール)を走行レールに

再び取り付けをして、耐荷重の大きいチェーンブロックを新たに設置。

 

ポンプのオーバーホールの事例

事例2

背景:

使用して10年以上経過するポンプが経年劣化により異音が発生。給水が急に止まっては困るためOH

メンテナンス内容:

経年劣化により、各部品の取替交換時期にきていたため部品交換を実施。工程として、

分解前の芯出し確認、ポンプの取り外し分解、部品交換、寸法測定、組立、軸ブレ測定、

ポンプの組み立て、据付、芯出し調整、試運転を行ない、オーバーホール完了。

 

水処理施設の処理槽の攪拌ブロワ・チャッキ弁の事例

事例3

背景:

チャッキ弁不良によりブロワ内部に水が浸入。水質がアルカリ性であったためブロワが故障。

メンテナンス内容:

故障部位のチャッキ弁、ブロワを新品に交換。正常動作、試運転で運転に問題がないことを確認。

逆流を防止するチャッキ弁の故障により、ブロワの故障につながってしまったため、

今後はチャッキ弁の定期的なメンテナンスおよび交換を実施。

 

アスファルトの駐輪場整備・サイクルラック取り付けの事例

事例4

背景:

自転車置き場(平地)に置いてある自転車が、強風時に倒れてしまい破損してしまうためラックの取り付け。

メンテナンス内容:

斫り、コンクリート打設。生コンの流し入れ、金鏝押えをして仕上げ。硬化状況の確認。

表面を湿潤に保つ為、散水養生をして打設工程は終了。最後にサイクルラックを組み立て、

アンカーボルトを打ち込み、固定して工事完了。

 

工場設備修理・補修・メンテナンスお任せ下さい!

 

こちらから湘エネたいむず1月号をPDFでご覧いただけます。

 

 

今後もみなさまのお役に立てる省エネや工場メンテナンスに関連した情報をご提供していきます。

是非次号もご期待下さい

月間情報誌「湘エネたいむず 12月号」発行しました!

2020年12月21日 月曜日

12月号ヘッダー

省エネ・工場メンテナンス情報誌「湘エネたいむず 2020年12月号」を

発行しました。 ≫≫PDFはこちら

 

12月号タイトル

 

~漏水保証が最大で20年!~

屋根の雨漏り対策として画期的な防水塗装をご紹介します。

 

【このようなお困りごとありませんか?】

毎年雨漏りして困っている、、、

☑雨漏りがどこからしているか分からない、、、

☑雨漏りを直しても、すぐ違う場所から雨漏りする、、、

☑防水シート、防水塗装が劣化して剥がれてきた、、、

☑全面補修はコストが高い、、、いい方法はないのか?

⇓ ⇓ ⇓

このようなお困りごとがあるならば、

”屋根強化型シームレス防水塗装”にお任せください!

 

12月号商品概要

 

●屋根強化型シームレス防水塗装は、屋根をよみがえらせる画期的な塗膜防水。

●強度や延び性能が高く、継ぎ目のない密着防水。(外壁も塗装可能)

●最大20年間の漏水保証付きで長期間安心して雨漏り対策が可能に!

※すべての条件で漏水保証20年間が付くわけではございません。

 

12月号中段キャッチ

 

12月号商品概要2

 

1.漏水保証最大20年の高い密着力の防水塗膜!

※すべての条件で漏水保証20年間が付くわけではございません

2.古い屋根を強化!劣化や災害による破損防止

3.圧倒的に軽い!(カバー工法比:1/3の軽さ)

4.施工コストが他社よりも比較的安い

5.メンテナンス不要!ランニングコストが安い!

 

 

【折板屋根のお客様での施工事例】

毎年、雨漏りでお悩みの企業様でしたが、金属屋根(折板屋根)に

「屋根強化型シームレス防水塗装」を施工して、雨漏りの心配が無くなりました!

 

施工前施工前1 塗布施工1 施工後施工後1

 

 

【陸屋根のお客様での施工事例】

防水シートが経年劣化により剥がれてきた為、所々から雨漏りが発生。

そこで「屋根強化型シームレス防水塗装」を施工。20年間の雨漏りの心配が無くなりました!

 

施工前施工前2 塗布施工2 施工後施工後2

 

 

雨漏りをすぐに直したい方、お気軽にお電話下さい!
0467-87-1551

まずは話を聞きたいという方は以下にてお問い合わせ下さい。
>>お問い合わせフォームはコチラ<<

 

こちらから湘エネたいむず12月号をPDFでご覧いただけます。

 

 

今後もみなさまのお役に立てる省エネや工場メンテナンスに関連した情報をご提供していきます。

是非次号もご期待下さい

月間情報誌「湘エネたいむず 11月号」発行しました!

2020年11月19日 木曜日

湘エネたいむず11月号ヘッダー 

省エネ・工場メンテナンス情報誌「湘エネたいむず 2020年11月号」を

発行しました。 ≫≫PDFはこちら

 

湘エネたいむず11月号タイトル

~“精度高い芯出し”で安定稼働を実現~

ポンプの故障要因の60%は“芯出し不良“とも言われています。

 

工場の動脈ともいえるポンプ。規模に応じて数も多くなります。

小さいものから大きいものまで様々にありますが、どれもトラブルで急停止されては困るものばかりです。

トラブルで急停止すると、突発対応であるための交換工事費用が割高になるだけではなく、操業や運営の損害も大きくなります。

今回はポンプのメンテナンスの約60%の故障要因となるポンプの芯出しについて解説していきます!

 

【このようなお困りごとありませんか?】

ポンプに過剰な振動が発生

☑軸を中心として異常な温度上昇

☑過剰なエネルギー消費量

☑ベアリングの摩耗・劣化

☑カップリングの破損

☑メカニカルシールの破損、及び、漏れ

 

これは芯出しに問題ありの可能性大!

img_pump_01

 

 

このような芯出しはちょっと問題…見極めのポイント !

湘エネたいむず11月号要注意バナー

 

購入したポンプをそのまま配管して設置している

配管とポンプのフランジの隙間が均等ではない

モータなどの機械足元を掃除せずに芯出しを開始する

使われていたシム(足場金具)をそのまま使う

シムの枚数を多くしてしまう

ボルトの締め付けを複数の人が行う

img_pump_02

不安な工事がありましたら、当社までお声がけください!

 

その他、ポンプの不具合発生要因チェック項目

芯出し不良

羽根のアンバランス

メカニカルシール・パッキンの破損

羽根やケーシングの腐食

キャビテーションによう内部劣化・破損

 

≪小さな変化に気づくことが大切≫

適正に設置し、安定して使うことが 長寿命化のポイント!!

 

当社はポンプのメンテナンス、芯出しの実績多数!

img_pump_06

丸越では今まで数多くのポンプのメンテナンスおよび芯出し工事を対応してまいりました。

熟練度を求められる工事だからこそ、安心できる業者が必要です。

お客様の安定操業をサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

こちらから湘エネたいむず11月号をPDFでご覧いただけます。

 

今後もみなさまのお役に立てる省エネや工場メンテナンスに関連した情報をご提供していきます。

是非次号もご期待下さい

月間情報誌「湘エネたいむず 10月号」発行しました!

2020年10月19日 月曜日

湘エネたいむず10月号ヘッダー

省エネ・工場メンテナンス情報誌「湘エネたいむず 2020年10月号」を

発行しました。 ≫≫PDFはこちら

 

保全業務の負担を軽減する方法、ご紹介いたします!

湘エネたいむず10月号タイトル

 

※お申し込みは最下部より

 

【回転機器の予知保全IoTとは?】

IoTでモーター、ポンプ等の回転機器の運転状態を常時モニタリング

「振動加速度」「振動速度」「温度」をモニタリング

■異常やトラブルの予知を計測して、事前の保全につなげる

■従来の点検時間の削減と人員リソースの削減を実現

■簡単、安全、低コストで導入可能

イメージ画像

ポイント:回転機器が壊れる前に予知保全!

ポイント:初期投資・ランニング費用も安い!

ポイント:少額でお試し設置ができる!

 

※1台当たり10万円程度で”すぐに”IoTが始められます。

 

———————————————————————————

開催日時:2020年11月5日(木)15:00~16:00

開催方式:オンライン配信(Microsoft Teamsを使用します)

参加費:無料

講師:株式会社酉島製作所様

 

《講座内容》回転機器予知保全IoT無料WEBセミナー

・モーターの突発故障による生産停止を防止する予知保全IoT!

・“ゼッタイに”止めたくない重要モーターへの設置でトラブル防止!

・保全業務を楽にして、さらに、若手でも保全できるように!

・ベテラン保全技術者の技術継承にも活用できるIoT!

・電気配線工事なしで、すぐに、安く、始められるIoT

 

※セミナーのお申込みは以下の方法で受付中です

1. 参加申し込みフォームより → こちら(Googleフォームのページへジャンプします)

2. セミナーパンフレットをダウンロード後、プリントアウトしてFAX → こちら

 

ご質問やご不明点は、営業課までお問い合わせください。

直通TEL:0467-87-1551

 

ご参加をお待ちしております。

 

こちらから湘エネたいむず10月号をPDFでご覧いただけます。

 

今後もみなさまのお役に立てる省エネや工場メンテナンスに関連した情報をご提供していきます。

是非次号もご期待下さい

第2回神奈川生産技術セミナー開催しました!

2020年10月16日 金曜日

地域技術振興のため、モノづくり企業の生産力を高める技術オンラインセミナーを開催!

 

10月7日(水)「精密測定の基礎知識」と題し、株式会社ミツトヨ様ご協力の基企画したセミナーは

盛況のうちに無事終了致しました!

 

スライド表紙

 

ご参加いただきました皆様、誠に有難うございました。

 

《主なセミナー内容》

■精密測定の基礎知識

測定工具(マイクロメーター、ノギス)の取扱いと保守管理についてが主な内容となりました。

 

・測定と計測の違いについて

・マイクロメーターとノギスの測定器具の正しい使用方法について

・測定器具の精度管理のための管理方法について

・正しい精密測定方法について

・誤差を生じさせずに、品質向上させる精密測定の基礎

・3次元測定機・画像測定機に頼らずに、精密測定ができる方法について

 

測定工具の取扱1 マイクロメーター

 

 

ご参加いただきましたお客様からの意見をまとめました。

 

・知らなかったこともありとても参考になりました。

 ・使用時の注意点や測定方法など詳しいことが学べたのでとても参考になりました。

・とてもわかりやすく、理解が深まりました。

・アッベの原理、ノギスの押しねじ調整は知らなかったので参考になりました。

・測定機器の管理方法・測定時のトラブルに関する処置などが分かりやすく 大変勉強になりました。

・どこが悪くてエラーが出るのか等、詳細に分かりました。

・簡単な使用方法しか分からなかったので各部位の名称や アナログの目盛りの見方も勉強になりました。

 今後も使用する機器のセミナーがある際は希望させて頂きます。

・精密測定への知識をより深める事ができました

・ノギスの調整とか知らない事があったので大変参考になりました。

・ノギスに保存方法や使用後の処理がある事を初めて知る事ができて良かった。

 

今後も皆様のお役に立てる内容を発信したいと考えております。
ご意見やご要望がありましたら、お気軽にご連絡ください。

 


現在、先着10名様に測定工具のメンテナンスや注意事項をまとめた

「測定工具ワンポイントチェック」を配布しております。

 

ワンポイントチェック

ご希望の方は下記お問い合わせフォームよりお申し込み下さい。

 

 

次回は 11月5日(木)15:00~16:00 「 第3回 回転機器の予知保全IoT」

を予定しております。こちらのご参加もお待ちしております。

詳しくはコチラをご覧下さい。

 

<参加申し込み受付中です。ご希望の方は、以下のURLよりお申込みください>

お問い合わせフォーム

 

 

今後も引き続きWEBセミナーなどを通して、皆様の工場運営に

お役立てる内容を発信していきますので、引き続きよろしくお願いいたします!

第2回 神奈川生産技術セミナー開催のお知らせ!

2020年9月24日 木曜日

地域技術振興のため、モノづくり企業の生産力を高めるオンラインセミナーを開催致します。

 

精密測定の基礎知識開催ヘッダー

第2回目にあたる今回は、測定機器でお馴染みの株式会社ミツトヨ様に講師をしていただき、

「精密測定の基礎知識」をテーマにご講演いただきます。

 

■開催日時:10月7日(水) 15:00~16:00

■テーマ:精密測定の基礎知識

■開催方式:オンライン配信(Microsoft Teamsを使用します)

■参加費:無料

 

※オンライン配信形式ですので安心・安全に受講いただけます。

※当日の受講の詳細につきましては、お申込みただいた方に弊社担当よりご連絡致します。

 

☆このような方は是非ご参加ください☆

☑マイクロメーターとノギス等の測定器具の正しい使用方法を理解したい。

☑測定器具の精度管理の為の管理方法について知りたい。

☑新入社員や若手社員に対して、正しい精密測定方法を教えたい。

☑誤差を生じさせずに、品質向上させる精密測定の基礎を理解したい。

☑3次元測定機、画像測定機に頼らずに精密測定ができる方法が知りたい。

 

※セミナーのお申込みは以下の方法で受付中です

1. 参加申し込みフォームより → こちら(Googleフォームのページへジャンプします)

2. セミナーパンフレットをダウンロード後、プリントアウトしてFAX → こちら

 

ご質問やご不明点は、営業課までお問い合わせください。

直通TEL:0467-87-1551

 

ご参加をお待ちしております。

神奈川生産技術セミナー開催しました!

2020年9月22日 火曜日

地域技術振興のため、モノづくり企業の生産力を高める技術オンラインセミナーを開催!

生産技術セミナー9月分ヘッダー

 

9月9日(水)に「加工図面の読み方(基礎講座1)」と題し、株式会社NaITO様にご協力いただき

企画したセミナーは盛況のうちに無事終了致しました!

 

今回は、初めてMicrosoft Teamsを導入しての開催であり、不慣れな点もあったかと思いますが、

ご参加いただきました皆様、誠に有難うございました。

 

スライド

 

《主なセミナー内容》

■加工図面の読み方(基礎講座1)

・加工図面の読み方についての基礎知識/図面からの情報を読み解こう!

1)図面上の主な線 2)図面の様式 3)尺度 4)第三角法 5)図面上の記号

6)寸法公差  7)訂正記号 8)表面粗さ

 

図面資料_1

 

ご参加いただきましたお客様からは「大変参考になった」、

「加工図面の読み方(基礎講座2・応用講座)の開催を希望する」

などのご意見をいただきました。

 

■その他のお客様の声

・資料等を使用した三角法の説明がわかりやすく参考になりました。

 

・専門知識が少なくてもわかりやすく、とても参考になりました。

 

・習ったことはあるけれど、改めて説明されて自分の中であやふやになっている部分を

見つけることができたので、 すごくいい時間を過ごすことができました。

 

・JISを基準に標準的な事は決められているが、図面を描く会社によって表記方法が違う事があり、

標準的な表記を逆に知らなかった事もあったので参考になった。

 

・図面の意味や粗さの表し方など基礎知識を学べてとても参考になりました。

 

・今後、学んだことを活かして職場で役に立てていきたいです。

 

アンケート結果では、ご参加いただいた方にご満足いただけて、良かったです。

ご要望の多かった応用編の開催も調整をしていきたいと思います。

 

 

次回は 10月7日(水)15:00~16:00 「 第2回 精密測定の基礎知識」

を予定しております。こちらのご参加もお待ちしております。

詳しくはコチラをご覧下さい。

 

<参加申し込み受付中です。ご希望の方は、以下のURLよりお申込みください>

お問い合わせフォーム

 

 

今後も引き続きWEBセミナーなどを通して、皆様の工場運営に

お役立てる内容を発信していきますので、引き続きよろしくお願いいたします!

月間情報誌「湘エネたいむず 9月号」発行しました!

2020年9月22日 火曜日

湘エネたいむず9月号ヘッダー

省エネ・工場メンテナンス情報誌「湘エネたいむず 2020年9月号」を

発行しました。 ≫≫PDFはこちら

 

これからが台風のシーズンです。

近年、台風による水害、ゲリラ豪雨、突然の大雨による被害が増えており、

水害への対策が必要となっています。

湘エネたいむず9月号タイトル

 

 

《屋根の雨漏りピタッと止めます!》

屋根雨漏り修繕

部分補修、金属板金、部分塗装、ボルト交換、

全面改修、カバー工法、スプレー防水、防水シートなど、

屋根の素材、状態に合わせて最適な雨漏り補修をご提案します。

 

《水害時の浮上油の回収は高性能油吸収シートで!》

油取丸油専用ロゴ浮上油回収

丸越オリジナルの油吸収シートで油のみ吸収するタイプと油・水を吸収するタイプの2種類。

浮上油の回収、床の油・水の吸収に役立ちます。

安価なのに吸収力は抜群!“お試し”でお使いいただけます!

 

《軽い!簡単!すぐに水止め!プラスチック製土のう》

ボックスウォール

突然の台風やゲリラ豪雨でも即設置できます。

アスファルトや継ぎ目の浅いタイルなど平らな場所で連結し、水止めの役目を果たします。

軽い設計でだれでもすぐに簡単に設置ができます。

 

《アスファルトの勾配や排水溝の修理で事前対策!》

排水溝

水勾配が取れていないと水たまりができて、水はけができなくなり、

浸水に繋がりかねません。また、排水溝、雨水桝が壊れていると同様に

排水ができずに水たまりの原因となってしまいます。

 

 

こちらから湘エネたいむず9月号をPDFでご覧いただけます。

 

今後もみなさまのお役に立てる省エネや工場メンテナンスに関連した情報をご提供していきます。

是非次号もご期待下さい