ポンプのオーバーホールの事例

弊社にて先日工事を行いました、ポンプのオーバーホールの事例をご紹介いたします!

 

概要

施工内容: 老朽化に伴うポンプのオーバーホール

 

お問い合わせのきっかけ

使用して10年以上経過する給水ポンプのため、壊れたり、トラブルがあって、急に給水が止まっては困るとのことでした。
そこで、オーバーホールをご提案し、保全メンテナンスのご依頼をいただきました

 

お困りごとの内容

使用して10年以上経過するポンプが経年劣化により、異音が発生していました。

 

施工前の写真

img_pump_01

 

10年間が経過し、異音が生じ、各部品の取替時期がきていました。

 

効果

10年使用していることもあり、各部品の取替交換時期や経年劣化がきている様子でした。工程として、分解前の芯出し確認、ポンプの取り外しおよび分解、部品交換、寸法測定、組立、軸ブレ測定、ポンプの組み立て、据付、芯出し調整、試運転を行ない、オーバーホールを完了しました。

 

施工中の写真

▢分解前芯出し確認

img_pump_02

 

分解前に初期の芯出し状態を確認します。

 

▢ポンプ取り外し

 

配管を取り外し、水抜き後にケーシングからポンプを分離。簡易門型クレーンを使い、取り外します。

 

▢分解

 

モーター部分、羽根車部分、ケーシング、それぞれを分解します。

 

▢部品の清掃、消耗部品の交換

img_pump_06

 

メカニカルシール、ベアリング、ゴムパッキンなどを手配し、交換していきます。

 

施工後の写真

 

寸法測定、組立、軸ブレ測定、ポンプの組み立て、据付、芯出し調整、試運転を行ない、オーバーホール完了です。

 

今後の展開

据付後の芯出し調整で芯出し不良(ミスアライメント)を起こさないように正確な芯出し(アライメント)が必要です。
正確な芯出しも含めた、ポンプのオーバーホールやメンテナンスを、引き続き行っていきます。

 

>>保全メンテナンスの達人in神奈川.comが提供するポンプのメンテナンスサービスはこちら<<