ポンプのオーバーホール部品交換・取替周期の目安を解説!

弊社では、ポンプのメンテナンスのご依頼をいただくことが多いのですが、その中で、

「実際、どれぐらいでポンプってダメになるの?」というご相談をいただきます。

 

そこで、今回は、

「ポンプのオーバーホール・部品交換・取替周期」についてご紹介してまいります。

 

①空調用ポンプ

②揚水用ポンプ(横形)

③揚水用ポンプ(立形)

④給湯用ポンプ

⑤汚水、雑排水、汚物用水中モーターポンプ

⑥小形給水ポンプユニット

 

こちらの5つのポンプの分類に分けてご紹介してまいります。

 

①まずは、空調用ポンプのオーバーホール部品交換の周期です。

 

分類部品名取替の判断基準取替周期の目安
全体ポンプ全体ポンプ全体(電動機含む)を更新10~15年
オーバーホール分解・点検・整備4~7年
部品羽根車著しく摩耗し、性能が低下したら取替4~7年
主軸著しく摩耗したら取替4~7年
グランドパッキン増し締めしても著しく水漏れしたら取替1年
メカニカルシール目視できるほど水漏れしたら取替2年
ライナリング性能低下により支障をきたしたら取替3~4年
軸受(ベアリング)過熱、異音・振動が発生したら取替3~4年
軸スリーブ著しく摩耗したら取替3~4年
軸継手ゴムブッシュゴム部が摩耗劣化、損傷したら取替2~3年
軸受オイル過熱、異音が発生したら取替1年
Oリング・パッキン類分解毎
水切りつば分解毎
電動機絶縁劣化、焼損したら取替10~15年

 

<取替周期の想定条件>

1.対象機種範囲は口径200mm以下とする。

2.運転時間は12時間/日とする。

*「汎用ポンプ保守管理について」社団法人 日本産業機械工業会 発行より抜粋

 

 

②続いて、揚水用ポンプ(横形)のオーバーホール部品交換の周期です。

 

分類部品名取替の判断基準取替周期の目安
全体ポンプ全体ポンプ全体(電動機含む)を更新10~15年
オーバーホール分解・点検・整備4~7年
部品羽根車著しく摩耗し、性能が低下したら取替4~7年
主軸著しく摩耗したら取替4~7年
グランドパッキン増し締めしても著しく水漏れしたら取替1年
メカニカルシール目視できるほど水漏れしたら取替2年
ライナリング性能低下により支障をきたしたら取替3~4年
軸受(ベアリング)過熱、異音・振動が発生したら取替3~4年
軸スリーブ著しく摩耗したら取替3~4年
軸継手ゴムブッシュゴム部が摩耗劣化、損傷したら取替2~3年
軸受オイル過熱、異音が発生したら取替1年
Oリング・パッキン類分解毎
水切りつば分解毎
電動機絶縁劣化、焼損したら取替10~15年

 

<取替周期の想定条件>

1.対象機種範囲は口径200mm以下とする。

2.運転時間は12時間/日とする。

*「汎用ポンプ保守管理について」社団法人 日本産業機械工業会 発行より抜粋

 

 

③揚水用ポンプ(立形)についてです。

 

分類部品名取替の判断基準取替周期の目安
全体ポンプ全体ポンプ全体(電動機含む)を更新10~15年
オーバーホール分解・点検・整備4~7年
部品羽根車著しく摩耗し、性能が低下したら取替4~7年
主軸著しく摩耗したら取替4~7年
グランドパッキン増し締めしても著しく水漏れしたら取替1年
メカニカルシール目視できるほど水漏れしたら取替2年
ライナリング性能低下により支障をきたしたら取替3~4年
軸受(ベアリング)過熱、異音・振動が発生したら取替3~4年
軸スリーブ著しく摩耗したら取替3~4年
軸継手ゴムブッシュゴム部が摩耗劣化、損傷したら取替2~3年
軸受オイル過熱、異音が発生したら取替1年
Oリング・パッキン類分解毎
水切りつば分解毎
電動機絶縁劣化、焼損したら取替10~15年

 

<取替周期の想定条件>

1.対象機種範囲は口径200mm以下とする。

2.運転時間は12時間/日とする。

*「汎用ポンプ保守管理について」社団法人 日本産業機械工業会 発行より抜粋

 

 

④給湯用循環ポンプについてです。

 

分類部品名取替の判断基準取替周期の目安
全体ポンプ全体ポンプ全体(電動機含む)を更新8~10年
オーバーホール分解・点検・整備4~5年
部品羽根車著しく摩耗し、性能が低下したら取替4~5年
メカニカルシール目視できるほど水漏れしたら取替1年
ライナリング性能低下により支障をきたしたら取替3~4年
軸受(ベアリング)過熱、異音・振動が発生したら取替2~3年
Oリング・パッキン類分解毎
水切りつば分解毎
電動機絶縁劣化、焼損したら取替8~10年

 

<取替周期の想定条件>

1.対象機種範囲は口径200mm以下とする。

2.運転時間は12時間/日とする。

*「汎用ポンプ保守管理について」社団法人 日本産業機械工業会 発行より抜粋

 

 

⑤汚水、雑排水、汚物用水中モーターポンプについてです。

 

分類部品名取替の判断基準取替周期の目安
全体ポンプ全体ポンプ全体(電動機含む)を更新7~10年
オーバーホール分解・点検・整備3~4年
部品羽根車著しく摩耗・腐食し、性能が低下したら取替3年
メカニカルシールオイルが白濁したら取替1~2年
オイルシール・パッキン類分解毎
軸受(ベアリング)過熱・異音・振動が発生したら取替3~4年
ケーブル外傷・劣化・膨潤・硬化したら取替3~4年
オイル変色・白濁があるとき取替1年
電動機絶縁劣化、焼損したら取替7~10年

 

<取替周期の想定条件>

1.対象機種範囲は口径200mm以下とする。

2.運転時間は12時間/日とする。

*「汎用ポンプ保守管理について」社団法人 日本産業機械工業会 発行より抜粋

 

 

●最後に、小形給水ポンプユニットについてです。

 

分類部品名取替の判断基準取替周期の目安
全体ユニット全体ユニット全体を更新10年
オーバーホール分解・点検・整備4~7年
ポンプ軸受(ベアリング)軸受が過熱したり、異音が発生したら取替3年
メカニカルシール目視できるほど水漏れしたら取替1年
グランドパッキン類増し締めしても著しく水漏れしたら取替1年
制御盤インバータ動作が不確実になったら取替7~8年
電磁開閉器誤動作したり接点の荒損がひどくなったら取替3年
冷却ファン異音が発生したり、ファンが回らなくなったら取替3年
リレー・タイマー誤動作したり接点の荒損がひどくなったら取替3年
プリント基板各運転の動作が不確実になったら取替5年
機器類逆止弁弁の動作に不具合が生じたら取替3~5年
圧力タンク(隔膜式)ポンプの停止時間が極端に短くなったら取替3年
圧力計、連成計圧力を抜いて指針が”0”を示さなければ取替3年
圧力スイッチ圧力設定値に誤差が生じた場合は再調整を行い、不確実なときは取替3年
圧力センサ圧力設定値に誤差が生じた場合は再調整を行い、不確実なときは取替5年
フロースイッチ動作が不確実になったら取替3年
フート弁弁の動作に不具合が生じたら取替2年

*「BL認定給水ポンプシステム保守管理・整備診断について」社団法人 リビングアメニティ協会 発行より抜粋

 

いかがでしたでしょうか。

 

当然、実際には皆さまのポンプの使用環境下に影響されますが、

ポンプのメンテナンスの目安にしていただければと思います。

 

また、ポンプのオーバーホール・部費交換・工事等のご依頼は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

>>保全メンテナンスの達人in神奈川が提供するポンプのメンテナンスサービスはこちら<<

 

関連記事