クレーンの耐荷重アップ補強工事の事例

弊社にて先日工事を行いました、クレーンの耐荷重アップの補強工事の事例をご紹介いたします!

 

概要

地域    : 藤沢市
施工内容  : 耐荷重アップの補強工事
施主・現場 : 製品の耐久試験室

 

お問い合わせのきっかけ

製品の耐久試験室に設置されているレールクレーンで、普段は試験を行う製品を移動する為に使用しています。
以前、建屋を新設した際に該当のレールクレーンの取付を行った実績がある為、お声掛けいただきました。

 

お困りごとの内容

今後、大きいサイズの製品を扱うようになる予定もあり、安全性を考慮し、耐荷重を上げる事となりました。
当初はレールを追加して耐荷重をアップする予定でしたが、現調の結果、周辺設備が固定されて移動ができず、十分な作業スペースが確保できない事が判明。
代替案として既存レールの補強をして耐荷重をアップする方法をご提案し、採用となりました。

 

施工前の写真

 

効果

既存のチェーンブロックを取外し、ガーター(横行レール)を取り外して上から補強プレートを被せてボルトで固定。
補強したガーター(横行レール)を走行レールに再び取り付けをして、耐荷重の大きいチェーンブロックを新たに取り付けしました。
その結果、耐荷重をアップすることができました。

 

施工中の写真

  

 

 

 

施工後の写真

 

今後の展開

つり上げ荷重0.5トン以上のクレーンには、労働安全衛生法、クレーン等安全規則により、年一度の定期自主検査が義務づけられております。(一部、例外あり)
弊社は時期に合わせた月次点検・年次点検に対応しており、点検内容に伴い適切なメンテナンスを行っております。
今後は自主点検やメンテナンスをアピールしていきます。

>>保全メンテナンスの達人in神奈川.comが提供するクレーンのメンテナンスサービスはこちら<<