熱源の放熱対策

  • 熱源の放熱対策
  • 工場内にはあらゆる熱源がありますが、その熱源の放熱が原因で作業環境が悪化している場合が多くあります。例えば、ガス炉、電気炉、ヒーター、成型機(成形機)、蒸気、窯などです。これらの放熱を遮熱シートや遮熱塗装することにより、抑え込むことで作業環境の改善が可能になります。弊社がご提案する遮熱シートをご活用いただければ、放射温度を約20℃~30℃低減でき、その分放熱を抑え込み、作業環境の改善に寄与できます。同時に熱源の省エネにもつながります。
    対応エリア:茅ヶ崎市、藤沢市、海老名市、大和市、座間市、厚木市、平塚市、伊勢原市、綾瀬市、寒川町、大磯町

このようなお困りごとはないですか?

「工場内の熱源で作業環境が暑い・・・」「ガス炉・電気炉・ヒーター・成型機(成形機)、蒸気、窯などの放熱で暑い・・・」「炉・ヒーターを省エネしたい!」「夏場の熱中症対策がしたい!」「工場内が40℃越えてしまう・・・」

・・・このようなお困りごとを「保全メンテナンスの達人in神奈川」は解決する提案を行います!

「保全メンテナンスの達人in神奈川」が提案する工事・メンテナンス

「熱源への遮熱シート直貼り設置工事」「遮熱塗装」「間仕切り遮熱カーテン」「500℃耐温型遮熱シート」「脱着式断熱ジャケット」

その他現場状況に合わせて最適なご提案をいたします!

関連する工事・メンテナンス事例

  • 窓の遮熱
  • 窓の遮熱

    窓から入る熱を遮熱することは、工場全体の省エネ化に繋がります。 遮熱をすることにより、熱が反射され、空調の設定温度を低くしても快適に過ごせるようになります。 遮熱を実施するコストよりも節...

    » 詳しくはこちら

  • 室内の暑さ対策
  • 室内の暑さ対策

    工場内の暑さでお困りの企業は多いのではないでしょうか。 夏場になると工場内が40℃を超えて、なかには従業員が熱中症で体調を壊すこともあるかと思います。従業員に配慮した働く環境づくりは、今後...

    » 詳しくはこちら

  • 結露対策
  • 結露対策

    結露の主な原因は湿気と温度差にあります。湿気が高いと温度差により結露が起こりやすくなり、カビが発生し、設備・機器の故障に繋がります。結露は、カビだけでなく、錆の原因にもなっています。結露対策...

    » 詳しくはこちら